Category
内科について
Category

便秘やお腹の張りを改善へと導きます

病気になりにくい体づくりのためには、免疫力を向上させることが重要であり、その土台となるのが腸内環境です。霧島市に根ざす内科として、便秘やお腹の張り、腹痛大腸がんといった大小様々な症状を予防と改善へと導くために、を活用したアドバイスをしております。患者様一人ひとりのご不安やお悩みを取り除くことを目指し、丁寧な内科治療を提供しますので、ぜひお任せください。

腹痛やお腹の張りで苦しい」とお悩みの方をサポートするため、霧島市にある内科として腹痛便秘に対する診療に力を入れております。お腹の張りは「腹部膨満感」と呼ばれ、食べ過ぎや飲み過ぎで胃が膨らんだり、意識しないうちに空気をたくさんのみ込んだり、腸管にガスがたまったりして引き起こされます。特に、一般的に「腸内フローラ」と呼ばれる細菌バランスが乱れて悪玉菌が増えてきますと、異常発酵により腸内にガスが発生しやすくなると言われています。

に含まれる酵素によって数々のビタミンが生合成され、腸内環境を改善へと向かわせることによって、お腹の張りを引き起こす悪玉菌の増殖を抑えたり、腸管運動が活性化されてガスの排出が促されたりします。また、長く続く便秘や慢性的な腹痛大腸がんのリスク軽減にも効果があると期待されています。病気予防に重点を置いた、体の様々なお悩みやご心配に対して免疫力を高める方法を提案しております。

RELATED

関連記事